意外とできてない!?分かりやすい文章の書き方

副業情報

ブロガーの方、ウェブライターとして仕事をされている方はご存知でしょうが、副業でブログやライティングをしている方の悩みの一つ。どうすれば良い記事やコンテンツを書けるのかについて、副業初心者向けに解説していきますね。

データ入力には自身があるけど、記事作成のお仕事を依頼されたのに、依頼主に修正依頼を受けた方も多いのではないでしょうか。

分かりやすい文章の書き方のポイント

簡単にいえば、以下の5つをおさえておくだけで文章を伝えやすくできます。

  1. 見出しをつける
  2. 箇条書きにする
  3. 改行をする
  4. 例え話をいれる
  5. 画像や動画を使う

見出しをつけよう

ニュースサイトなどをみれば分かりますが、見出しが必ずついていますよね。
もし見出しがなければ、読みにくいし、読み手に何の内容を伝えようとしているか分かりません。
見出しにも種類があります。

大見出し(記事のタイトル)
中見出し(大見見出しを分かりやすく分割)
小見出し(中見出しを分かりやすく分割)

他にもありますが、この3つだけおさえておきましょう。
更に細分化すると見出しだらけになり、余計わかりづらくなってしまいます。
文章の見出しは、長文ではなく短い文章で伝えたい内容を簡潔に!

箇条書きにする

私もブログを更新していく上で、箇条書きはよく使います。
文章をわかりやすく整理できて、読みやすさ倍増です(笑)

複数の情報を伝えたいときに便利な箇条書き。
ビジネス会話でも結論から述べでその後に、結論にいたる内容や詳細を述べますよね。
それと同じで、以下の形で文章を書くと見やすく分かりやすくなります。

①箇条書きが大事な理由

説明文を書く

③詳細分を書く。ひたすら書く。

 詳細分を書く。ひたすら書く。

 詳細分を書く。ひたすら書く。

改行をする

どの媒体でもいえることですが、改行がないと見にくいし読みにくいし、疲れますよね。
私は読まないのですが、新聞とか改行が少ない気がします(掲載範囲の関係もありそうですが…)

改行をいれるだけで、文章全体を見ただけでもボリューム感わかります。
また、ネット上の記事に多いのが、改行がない文章だとユーザーさんが見にくいという理由ですぐ離れてしまいます。

方法は簡単で、スマホでもパソコンでも改行ボタンを押すだけ!

せっかく書いた文章ですから、改行を意識して分かりやす文章作成にしましょう。

例え話をいれる

さらに文章の内容を分かりやすくするテクニックです。
普段の会話でも例え話があると理解しやすくなりますよね。
特に専門用語や、万人に理解が難しい文章を書く時には、読み手を意識して例え話を入れるとより内容が理解されるはずです。
こういう私も、偉そうにいってますが、日々精進中です(笑)

画像や動画をつかう

文章の内容を視覚化でき、読み手にイメージさせやすくできます。
絶対に必須とまでは言いませんが。イメージ画像の一つや二つあるといいでしょう。
専門家の話によると人間は情報の80%を視覚に頼っているそうです。

私も動物の記事や動画が大好きで、可愛い動物の写真やサムネイル画像をみて
かわいい!と思ったらすぐタップ、クリックしてしまいます…。

これらの5つを実践するだけで、読み手(ユーザー)を意識した分かりやす文章がかけるはずです。

決して難しいことではないので、一緒に習慣づけていきましょう!

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
副業情報
シェアする
人気の副業
テレワークス

テレワークスは15分~ほどのスキマ時間でできるテレワークをご紹介するプロジェクトです。スマホだけでいつでもどこでも手軽にできるものから、しっかり稼げるビジネスまで、新しい副業として注目を集めています!

ゼロから始めるスマホで副業生活
タイトルとURLをコピーしました