年収が低いから副業!でも注意点が!?

副業情報

現在、人工知能(AI)が人間にかわって仕事を奪いつつあり、大手企業でも安心できる時代ではなくなりました。ブラック企業、非正規雇用者の増加で、仕事時間は多いけど収入には反映されない悲しい世の中です。人生100年時代と言われていても、50代、60代の早期退職、再雇用されても収入が大幅にダウン…。
この負の連鎖に追い打ちをかける形で、住宅ローンや子供の養育費、親の介護問題を考えていると、副業どころの思考が働くわけでもなく、何が何でも会社にしがみついてやるという世代も多いのではないでしょうか?

会社員の年収は減少傾向

国税庁の調査によると、平成29年度一人当たりの平均給与は437万円といわれています。
この金額は手取り額ではなく、各種税金が控除される前の金額です。
となると、社会保険料は毎年増加、消費税も増加、おのずと手取り金額は少なくなってきますよね。

AIに仕事を奪われる

日本経済新聞によると、某メガバンク系の銀行は2023年度までに、AIを導入することにより、約3000人分に相当する業務を行えるようになるとのことです。テクノロジーの進化は今後ますます進みAIやロボットに人の仕事を奪われる時代もそう遠くない話になります。

副業をする際の注意点

平成26年度の厚生労働省の報告書によると、副業を「推進していないが容認している企業」が14.7%、「容認していない企業」が85.3%でした。
東証1部上場などの大手企業などは5割以上の企業が副業認めているというデータもあります。
まず副業を始める前に、自分の会社が副業を禁止していないかどうか確認が必要です。

副業をする際は働きすぎに注意

本業でもいえることですが、副業を頑張りすぎて体調を壊したり、ストレスが溜まって精神を病んでしまってはもともこもないです。何事にも、ほどほどに健康第一で副業をしましょう!

税金の知識も必要

以前も紹介しましたが「原則20万円を超えたら確定申告をする必要がある」ということをお忘れなく。また、配偶者控除や、社会保険料なども所得の増加により控除が受けられないなどありますので注意しましょう。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
副業情報
シェアする
人気の副業
テレワークス

テレワークスは15分~ほどのスキマ時間でできるテレワークをご紹介するプロジェクトです。スマホだけでいつでもどこでも手軽にできるものから、しっかり稼げるビジネスまで、新しい副業として注目を集めています!

イージーベース

イージーベースでは「手軽さ・再現性・満足度」を重視し、多くの方の成功サポートをお約束します。その上で投資や不労所得のようなギャンブル要素が強いビジネスモデルは除外し再現性の高いモデルを提供しています。

ゼロから始めるスマホで副業生活
タイトルとURLをコピーしました